菜の花たっぷり、食べおさめ。@FOOD&COMPANY(2021.03.29)

菜の花たっぷり、食べおさめ。@FOOD&COMPANY(2021.03.29)

菜の花たっぷり、食べおさめ。@FOOD&COMPANY(2021.03.29)

菜の花たっぷり、食べおさめ。@FOOD&COMPANY(2021.03.29)

菜の花たっぷり、食べおさめ。@FOOD&COMPANY(2021.03.29)

菜の花たっぷり、食べおさめ。@FOOD&COMPANY(2021.03.29)

菜の花のシーズンも終盤。いろんな野菜の菜花が出まわる季節は、うきうきして ついカゴいっぱい買い込みます。湘南料理塾でいつもお世話になっているFOOD&COMPANY(湘南T-SITE)は、野菜愛あふれるスタッフさんが多く、並んだ野菜からもそれが伝わって、さらに購買意欲が刺激されます(笑)!この日もモリモリ買い込んで、新鮮なうちにオイル蒸し。オリーヴオイルや米油、菜種油などお好みの油と、塩と、少しの呼び水。ふた付きの鍋にどさっと入れて火をつける。それだけ。火入れの具合もお好みで。わたしはクタクタ好きなのでしっかりと。でも「今日は鮮やかな緑色を楽しみたいな」と思ったら、早めに火を止めればいい。香りも旨みも栄養分も逃がさない、ゆでるより断然おすすめの調理法です。菜花に限らず、いろんな青菜で試してほしい。

今回は2種類の菜花に、これまた大好きな葉付きの新玉ねぎも加えて。そのままで 食べ切るもよし、釜揚げしらす(相模湾、3月しらす解禁♡)を後入れするもよし。パスタに和えたり、ブルーチーズをアクセントにトーストに乗せても。卵でとじて菜花丼。蒸し汁がまた美味なので、水を足してスープにし、冷凍庫の水餃子なんて入れてしまえばもう完璧。…ああ、もう妄想が止まりません!笑

春の苦味野菜は、デトックスに最適。薬膳的にも春は、解毒を司る「肝」をいたわる季節といわれます。菜花をはじめ、ほろ苦さと香りも豊かな山菜も、今のうちにたくさん味わって、五感すべてを楽しませたいですね♪

FOOD&COMPANY
https://foodandcompany.co.jp/

最近の記事

  • 関連記事

アーカイブ

PAGE TOP