三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

三笠会館 鵠沼店(2021.06.04)

湘南エリアの皆さんは、すでにご存知かもしれません。
三笠会館 鵠沼店が、9月の中ごろに閉店されます。
1973年オープン。
たぶん何世代にも渡り、たくさんの想い出をそれぞれの心に残して来てくれたお店でしょう。
「これぞ、レストラン。」
そんなお店がなくなるのは、胸の一部に小さな穴が空くような感覚になりますが、これもまた、新たなスタート。
その小さな穴を、別の光で埋めてくれるに違いない三笠会館のこれからが、また楽しみです♪

なんといっても、銀座 三笠会館はわたし平野を育ててくれた場所。
会社全体がホスピタリティーのかたまり…のようでした。
「接客(service)は、“serveする(奉仕する、仕える)” じゃなくて、自発性。相手にあわせてこちらから提案し、動くこと。」
言葉は正確に憶えていませんが、そんなことをずーーーっと言われ続けていた気がします。
それを、料理、しつらえ、人、すべてに反映させる「レストラン」という場の魅力と苦労を、たくさん教えていただきました。

こんな時期ですが、ちゃんとお客様のことを考え、ケアしていらっしゃるお店には、ぜひ行きたい!
伺う側のわたし達も、同じ気持ちで。

「お店は、スタッフだけじゃなく、お客様も一緒につくってくださるものなんだなぁ」と、そういえば あのころ何度も思ったことを、今、思い出しました。

チェリージュビレ
いくつになっても、ワクワクしますねー♪

最近の記事

  • 関連記事

アーカイブ

PAGE TOP