飛田さんと、初夏の山椒仕事(2022.06.01)

和歌山「きとら農園」さんから収穫したての実山椒をお送りいただいて、飛田和緒さんとご一緒に山椒仕事をするオンライン教室、楽しく開催しました♪

この時期だけ、2週間ほどしか収穫できない、青々とした実山椒。
この短い順を皆さんと共有できた嬉しいひと時でした。

内容は盛りだくさん!
山椒の下ごしらえから、
塩漬け、醤油漬け、佃煮
オイル漬け、味噌漬け、塩麹漬け
乾燥させて自家製粉山椒

じゃこ山椒は
同じ和歌山県の老舗しらす専門店「山利」さんのちりめんじゃこと、江戸から続く醤油蔵「堀河屋野村」さんの三ツ星醤油で、オール和歌山の逸品。

仕込んだ実山椒の使い方、展開料理のアイデアは、飛田さんからとめどなく出てくる、出てくる…さすが!のひと言でした。

和歌山の食の旅からご一緒いただきました飛田さん、ありがとうございました!

ご参加の皆さま、山椒の「こんな使い方も美味しかった♪」と発見がありましたら、ぜひ教えてくださいね。

さて6月はも、産地直送オンライン教室、あります。
たくまたまえさんのらっきょう漬け、自然栽培梅農家さんの梅仕事。
ぜひ、季節の手仕事、ご一緒しましょう♪
どうぞ、お楽しみに!

◇6月レッスン詳細・お申込み

湘南料理塾

最近の記事

  • 関連記事

アーカイブ

PAGE TOP