レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

レッスンレポート:副島モウさんのギリシア料理(2021.05.12)

モウさんの発案で、はじめの30分だけインスタライブをやってみよう!としましたが、カラコルアカウントに、うまいこと繋がらず… 勉強不足で反省。でも、モウさんアカウントでは 海外からご覧くださった方も。また次回 やってみますので、「どんな様子なのかな?」とご興味ありましたら、ぜひ♪

副島モウさんの「世界の料理」教室で教えていただいた、こちら。
極薄生地のパートフィロ、1枚ずつに溶かしバターを塗っては重ね、塗っては重ね。5枚に1回、クルミやアーモンド、ピスタチオなどのくだいたナッツを挟む。それを何度も繰り返したら、焼く前に包丁で切り目をしっかり入れておくのを忘れずに!
オーブンで香ばしく焼き上げれば、美しい層が現れます。
蜂蜜、レモン、シナモンのシロップを、焼き立てのバクラバに たっぷりと。もう、好きなだけ、ふんだんに。
一瞬ぎょっとする蜜蜜しさですが、「これでも甘さは現地の1/10!」とモウさん。

わたしも昔訪れたトルコで、似たお菓子を食べました。頭が痛くなるほどの甘さとともに、バターの原料であろう羊の匂いの強烈さにノックアウト。
それに比べて、モウさんのバクラバのエレガントなこと!
これならもう1個、おかわり行けます。…罪悪感さえ、忘れたら、笑。

今回のMENU
・ザジキ(きゅうりとヨーグルトのサラダ)→きゅうりは「しりしり」のようなグレーターで削ると、小口切りよりも「なじみ」がよくて美味しさ倍増!
・グリークフムス→ご存じ、ひよこ豆のペースト。仕上げにたっぷりオリーブオイルとスマック(今回は「ゆかり」)をパラパラ。
・チキンギロ(マリネしたチキンのグリル)→鶏胸肉をハーブやスパイスを加えたヨーグルト液でマリネ。柔らかく香り豊かなチキングリルに。
・ピタパン→全粒粉でつくる、2次発酵不要の平焼きパン。中に具をたっぷりはさんで、がぶり!
・ムサカ(ナスとじゃがいものラザニア風)→レンジでつくるホワイトソースに、目からウロコ。
・バクラバ(ナッツと蜂蜜のパイ)
→パートフィロという極薄生地でパリパリに。これでもか!とシロップを掛けたわりには、意外にくどさのない美味しさ♪

●次回は6/8(火)10:30〜「モロッコ料理」。牛肉とプルーンとアーモンドのタジン、パウダースパイスでつくるアリッサなど予定。ご予約は来週スタート!

最近の記事

  • 関連記事

アーカイブ

PAGE TOP