レッスンレポート:たくまたまえさんと、らっきょうを漬けました(2022.06.18)

〈たくまたまえさんと、らっきょうを漬けました〉
産地直送オンライン教室

旬の野菜や果物で一年をいろどる著書「たまちゃんの保存食」がロングセラーを続ける料理家のたくまたまえさんと、画面越しにご一緒にらっきょう漬けを仕込むオンラインレッスン、楽しく開催しました♪

毎年100kg超え(!)のらっきょう漬けを仕込んでいるたくまさん。
たくまさんが毎年取り寄せる鳥取のらっきょう農家「富玉園」さんから、収穫したてのらっきょうを参加者の皆さんのご自宅へ直送。

当日は、富玉園の濱岡さんご夫妻もZoomでいろんなお話をしてくださり、らっきょうが一気に身近に、そして愛おしく感じられました。

「らっきょうって、どこまでむいたらいいの?」という素朴な疑問も、画面越しにたくまさんが的確にアドバイス。

また、たくまさんおすすめのらっきょう漬け料理(らっきょうの肉巻きフライとらっきょうタルタルソース、らっきょうの味噌漬け)もご紹介。

思わずプシュっとビールを開けたくなる らっきょう肉巻きフライは、もちろん大人のおつまみに…だけじゃなく、お子さんのお弁当にもぴったり!
(鳥取の小学校の給食にも登場するそうです。さすが鳥取!)

もし「これからでも、富玉園さんのらっきょうを漬けてみたい」という方は、6/24頃まで収穫・発送可能、とのこと。
今回のレッスンの録画アーカイブなら、まだ配信可能ですので、もしご希望の方は、ダイレクトメッセージまたは、カラコル・フードネットのホームページからお問合せくださいませ。

毎年の恒例行事にしたくなる、らっきょう漬け。
ご参加の皆さま、出来上がりが楽しみですね♪

たくまさん、楽しいレッスンをありがとうございましたー!

最近の記事

  • 関連記事

アーカイブ

PAGE TOP